最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ホンデュラスへハッピーバースデイ | トップページ | 久々の映画♪ »

えいっ!

ケアンズに行こう! 《12
 海外子連れ旅【観光編】 
     =えいっ!=

12月22日(土) ④
《前回の記事はこちら

レインフォレステーションに到着したのが12時ちょうど。

プログラムを見るとアボリジニの伝統的な踊り「パマギリ」ショー開始が12時からです。
レインフォレステーション内のパマギリ・アボリジナルエクスペリエンスの入場券(1人18豪ドル×2名)を払うと、大急ぎでステージに向かいました。

ところが、なんと、ヒデ坊、到着と同時にねんねしてしまったのです。071222_1106501
まだ昼食も食べていないのに。

ステージでは、ショーがまさに始まったばかり。
楽器の演奏もにぎやかに、ダンサーが入場してきます。
大きな音で目が覚めるだろう、と思いきや、バギー上で眠りこけるヒデはびくともしません。
かなりお疲れのようです。

ヒデに歌と踊りを見せたかったダンナ様、ちょっとがっかりです。

さらに、ステージの背景は、大雨。ステージの上のテントを叩く雨音はどんどん大きくなります。
なんとなく憂鬱な気分になってきました。
おーい、ヒデ、せめてショーを見てくれないかなあ。

ショーの最後のほうでは観光地ではお約束の、お客を何人かステージに上げるコーナー。
ヒデが起きていたら、ここで、騒いでステージに上がるだろうなあ・・・などと思って見ました。

ショーの後はダンサーの皆さんと自由に記念撮影ができました。
仕方ないので、ダンナはねんねしたままのヒデを抱っこして、アボリジニのダンサーと記念撮影。
071222_1126561・・・をしていたら、いきなりお目めを覚ましたヒデ。
しっかりポーズなんかとっています。
ダンサーの皆さんにバイバイなんかしたりして。おいおい。

そんなヒデを見つけたアジアからのツアー客のお姉ちゃんたち、「きゃー、カワイイ」(たぶん)と集まってきて、一緒に写真とってもいいですか?と、ヒデ坊と記念撮影。

気がつくとすっかり雨があがっていました。071222_112856_2

団体の多くは、ショーが終わると待機していたアーミーダック(水陸両用の観光車)に乗り込んで去っていきました。

取り残されたわれわれ親子3人、なにやら向こうで体験ものをやっているみたいだなあと行って見ると、ブーメラン体験をしていたので、その集団にちゃっかり参加しました。
(「ドリームタイムウォーク」という体験ツアーで入場料に含まれます。我々は出遅れたのでおいていかれたようです。)

さて、私のブーメラン体験の番です。
ダンナにヒデを託して、ブーメランを投げて戻ってくると、ダンナがニコニコして見てみて、とヒデを指します。
なんと、また香港からの団体の女の子たちがヒデを囲んで記念撮影会をしています。
バギーに乗ったままのヒデ、ご機嫌で一緒に写真におさまっています。
何なんだ? この展開は?
香港の皆さん、オーストラリアに来て、日本人の赤ちゃんと写真を撮ってどうするのだ?

まあ、おかげで(?)ヒデはぱっちりお目めが覚めたようです。

071222_113532次はアボリジニの伝統的な楽器、ディジュリジュの説明と演奏。

アボリジニの方が、いろいろな音を出しながら吹き方のバリエーションを説明します。
(←)終わった後に、こっそり吹くまねをするダンナとヒデ。

北海道のアイヌのムックリという楽器に音が似ているような気がします。ムックリは糸を使うし、こちらは笛なので、つくりはぜんぜん違うのですが。
と、ダンナに言ったらムックリって知らないということでした。

さて、最後は槍投げです。
アボリジニの方が、的に向けて上手に槍を投げて見せるのです。071222_114859
これは、体験なしで見学するだけなのですが、ヒデ坊、とても気に入ったようです。

アボリジニが投げるときに、ヒデも「えいっ」と掛け声をかけて一緒に投げるまねをします。
何度も投げるまねをするヒデ。

ここで、体験ツアーは終了。アボリジニの皆さんは去っていくのですが、ヒデ君、いつまでも「バイバーイ」と手を振って、皆さんにも「バイバイ」してもらいました。

071222_120736ショーの間中寝ていたことなどすっかりどこ吹く風。

帰りのシャトルバスに乗り込むまで、ずっと「えいっ」と投げるまねをしながらご機嫌ですごしたヒデ坊でした。
(シャトルバスは1人往復8豪ドル、ヒデは無料です。)

たった1時間の滞在(しかも半分はねんねしていた)なのに、大満足といった感じです。

お天気もすっかりよくなり、なんだかいい感じです。
さあ、キュランダの街に戻って昼食と散策です。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

« ホンデュラスへハッピーバースデイ | トップページ | 久々の映画♪ »

コメント

わ~!いいですね!!
アボリジニの伝統的なショーを観賞されて♪
私たちのツアーにはショー観賞ついてませんでした!
(OPではあったかも・・)
けれどショップ等で常に流れてたお陰で
あの独特な音やリズムが今でも耳に残っています。。
ヒデくんモテ男だね~そんなにモテて辛かったでしょう♪
ブーメランですかぁ、遠くまで飛びましたか?
義両親へおみやげに買って帰りました^^
アイヌのムックリって糸を使う楽器なんですね~
低音を奏でるんですね♪
小6のとき北海道旅行で
アイヌの長老と写真撮りましたぁ!
何十年も前のコト(汗)
ムックリの形も思い出せません(涙)
キュランダの街並み・お食事
楽しみにしていま~す♪
ぽっちん☆

このアボリジニのおっちゃん、すごいですね(笑)。
まさに異文化!

それにしてもヒデくん、やりますね(笑)。
肝心なとこで寝ていても、対個人には愛想を振りまき
女の子のハートをつかむなんて(笑)!
ダンナ様もヒデくんがらみで女の子に囲まれてご満悦だったのでは。。。

ドイツのテレビで異性とお近づきになるきっかけは
ペットと赤ちゃんだ、とやっていました。
この前結婚したダンナのいとこに、昔はクーをデートに
よく貸したものです(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/41028094

この記事へのトラックバック一覧です: えいっ!:

« ホンデュラスへハッピーバースデイ | トップページ | 久々の映画♪ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ