最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« おえかきの特訓 | トップページ | レインフォレステーションへ »

お出かけ禁止令

GWですねheart01

5月上旬は1年の中で最も好きな季節のひとつです。
新緑が目にまぶしく、空は青く澄み渡って(イメージ)、日々暖かくというより時には暑くなり始めて、しかもまだ入梅しない頃。
日本だけでなくヨーロッパも旅行に最高のシーズンだし。

Photo_3お出かけには最高の季節ですよね。

この季節、独身時代は、ユーラシアの最西端に行こうと思い立ちポルトガルに一人旅したことも。
(これがその最西端のロカ岬→)
息子が生まれる前の年はダンナと2人でオランダ・ベルギーに行ったし。

070504_18081昨年は、息子の初節句でダンナの実家まで息子君はじめての大旅行(?)をしたし。
(←ダンナの実家付近からの眺めです。)

ところがっ!
私、今年は、ダンナに外出禁止令を申し渡されました。crying
(近場の買い物とかはいいけど、遠出はダメ!)

また入院したら大変!ということです。
もう、安定期に入ってきたのですが、やっぱり心配だそうです。
2回もやられたからですね。

そういうわけで、今回の連休後半は、ダンナの実家に帰省することになったのですが、私はお留守番。
ダンナ様、息子と2人で行くといっています。
それもまた心配な私ですが、私の入院中は息子と2人で過ごす時間が多かったので、自信をつけたダンナ様、大丈夫だといいます。

まあ、じいばあにヒデの顔を見せてあげたいし、結局、ダンナと息子で行ってもらうことになりました。

というわけで、このGWどこにも行けない私、久々に映画でも見に行こうかなあと思っています。それもまた贅沢な休日ですね。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←結構頑張っているようです。

« おえかきの特訓 | トップページ | レインフォレステーションへ »

コメント

GWにダンナ様からの「外出禁止令」は、きういさんにとって鳥が羽を取られるみたいなものかな?
でも、ヒデ君の弟妹ちゃんのために仕方ないですね。
鳥は羽を取られたら、その間に羽を休めて次の大旅に備えています。
きういさんも次回は家族4人の海外を目指して!!
今はじっと我慢かな(笑)

私事、この3月から仕事が変わりまして・・・
といっても、教員に変わりは無いのですが、○○主任という肩書きがついた事により、生活が一変しました。
帰りは毎日10時過ぎ・・・
未知の領域に四苦八苦しております。

なかなか、ドブロもアジアも更新できませんがこれからもよろしくね。
お体、お大事に。
ちなみにこれも職場で書いてます。

もしかしてそれって・・一人でゆっくりさせてあげたいっていう、ご主人の優しさなんでは?
赤ちゃん生まれたら、一人の時間なんて、暫く持てないだろうし。。。
映画だって、なかなか・・
遠出が出来ないのは、確かに辛いだろうけど・・
赤ちゃん生まれたら、お出かけはできるし
首がすわったら遠出も出来ますよ♪
これからの生活考えたら、一人の時間の方が貴重だと思うので、たっくさん満喫して下さいね。
それにしてもご主人の実家の写真、夕日ですか?
綺麗ですね。何処だろう・・・
我家もGWに主人の実家に帰省予定でしたが
ご存知の通り、いろいろあって、それ所ではない感じです(苦笑)

ほんと、すばらしいダンナ様ではないですか!
入院生活で慣れたからとはいえ、なかなかそんなこと言ってくれないですよ~
ダンナ様の優しさに甘えて、ゆっくり“ひとり”の時間を満喫してみるのも、ステキなGWですね。

“ユーラシアの最西端”いいですね~
なんだか「深夜特急」みたい!(ここを沢木さんが旅したのかは覚えてないけど…)
そういえば、日本の最南端(波照間島)は行ったけど
最西端(与那国島)は行ってないなぁ。
ああ、旅に出たくなってきた!

→kabutoさん、
ええっ、土曜日のそんな時間にまだお仕事?
体を壊さないようにしてくださいね。
旅に行くには体が資本ですから。

kabutoさんが言うように飛べない鳥のような気分でしたけれど・・・。
そうですね、将来の家族4人での旅行を夢見てしばらく我慢します。

→くうさん、
そうなんですよね。一人の時間ってなかなかとれないのでそういう意味ではちょっぴり楽しみです。
映画も、もし見られたら一体いつ以来?というくらい久しぶりですし。
ダンナの実家の写真は夕日です。
標高が高いため遅い春が巡ってくる山間の町です。
ふふふ、どこでしょう?
そのうち行けるようになったらブログにも登場するかしら。


→ままりんさん、
確かに子供の面倒を何日かずっと見てくれるというダンナはなかなかいませんね。
この機会に甘えてリフレッシュします。

ロカ岬かどうか覚えていませんが、「深夜特急」の最後のほうにポルトガルでお茶を飲むシーンがあったと思います。
「ロカ岬」と言ってもぴんとこないけど「ユーラシアの最西端」と言えば素敵な響きになりますね。
今度は「日本の最南端」も行きたいです~。

ププッ!
そりゃ禁止令でますよね(笑)。
今回ばかりはダンナさんに従ってきういさん、
ゆっくりなさって下さい♪
しかも家事・育児から開放されるのですから
好きなこと、たくさんできますね。

きういさんの旅写真はいつもスッゴク綺麗だね。
こんにちは~。

私、この記事読んだ時 実はちょっと複雑だったんですけど。
妊婦がお留守番だと何かあったらどうしよう? とか、 私だったら「私も行く~!!!」(3歳児並み)ってなりそうだ・・とか

でも、きういさんも皆さんも大人だなぁ。 確かに、息子さんの面倒を丸々みてくれて のんびりしてくれなんて とってもありがたいですよね~。 うん、そう思うと、かなりいいですよね。 GW後半の予定は決まりましたか??

→旅ゴハンさん、
いやいや、これには、訳があります。
別にわれわれが大人なんじゃなくて・・・coldsweats01
妊婦がお留守番してもダンナは平気なんです。私の実家が近くにあるのでいざと言うとき母を頼れますから。
それよりも、ダンナの実家はいわゆる医療過疎地域なので、そこで私に倒れられるのが最悪なんだそうです。最近、産婦人科医がいなくなったと大騒ぎになっているような地域です。
で、私も納得しました。
そんなわけです。

結果オーライですが、おかげでのんびりしたGWになりますね。

→ル~♪さん、
育児から開放されるのはちょっとうれしいですが、実は家事はたまっているので、どうしようかなあぁ。
まず洗濯(シーツなどの大物)と掃除ですね。日ごろかなり手抜きしているので家の中がなんとなくすさんでいます。
だけど、家事もほどほどにするようにダンナに釘を刺されました。前回、張り切って掃除して倒れた経緯があるので・・・。
まあ、家事は適当にこなして、好きなこと、いくらかはやるつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/40976641

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ禁止令:

« おえかきの特訓 | トップページ | レインフォレステーションへ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ