最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 初夢と宝船 | トップページ | 小澤征爾の弟子 !? »

バシネットで行こう!

ケアンズに行こう! 《1》
 海外子連れ旅【機内編】 =バシネットで行こう!=

ただいま!Photo
初の子連れ旅、オーストラリアのケアンズから帰ってきて1週間がたちました。
行ってきての感想。
ケアンズは子連れ旅にいろいろな意味で最高!でした。

さて、旅行記です。

【行程表】4泊5日の行程です。
12月20日(木) 20:10成田発JL5141便(機中泊)
12月21日(金) ケアンズ着 自由行動
12月22日(土) 自由行動 キュランダへ
12月23日(日) 自由行動 グリーン島へ
12月24日(月) 12:05ケアンズ発JL5142便で帰国

12月20日(木) 

成田発が夜なので、昼まで仕事をしてきてしまいました。
ほんとはゆっくり休んで準備したかったのですが・・・。

それでも、バシネットをなんとかゲットしたいと思い、空港へ早めに到着してチェックインを済ませました。
結果は、OK! 無事に確保しました。
ちなみに、この便、満席だったそうです。

Nrtところで、成田に着く前にお昼寝したのが功を奏したのか、大方の予想を裏切って、ヒデ君、快調にスタート。
成田(第2ビル)のプレイルームでは早速さかんに国際交流にトライしました。

出国手続きを済ませてからも、空港内にプレイルームが何カ所かあるのがいいですね。
オムツ交換台も、授乳室も完備です。

特に搭乗ゲートのすぐ脇にもプレイルームがあったので大助かり。
到着便の遅れの関係で、出発が若干遅れましたが、この間、ぎりぎりまでヒデ君をプレイルームで遊ばせることができました。

お子様連れは優先搭乗だなあ、というのをいつも傍らで見ていましたが、ついに自分で体験する日が来ました。
ゲートでバギーを預けて、いざ、搭乗です。
混んでいるのに先に乗せてもらっちゃっていいのかなあ、という気分。

Photo_2←座席前に、ありました。
バシネット
離陸まで間があるので、ちょっと開いてみました。

ヒデ君の体重は9.7kgくらいですが、このバシネット、11.3kgまでOKとの表示です。
心配していたけど、なんとかねんねできそうかな?

ヒデ君はもう遊び疲れてねむねむです。
授乳したら、離陸前に眠ってしまいました。でも、バシネットにはベルト着用のサインが消えないと乗せられません。
ちなみに、離陸時には私のシートベルトに取り付ける形で、ヒデ君の短いシートベルトを着用しました。 そのまま抱えて授乳しました。

出発前に中耳炎が再発していたので、テイクオフの時などに、耳が痛いと泣くのではないPhoto_3かとかなり心配しましたが、すやすやです。

これで、我々もゆっくり眠っていけるかな?と思ったのも束の間、バシネットに寝せてみたら、ヒデ君起きちゃいました。

ヒデ君、機内食を逃すつもりはないようです。

Photo機内食はベビーミールをリクエストしておきました。
←こんな感じです。

チキンのクリームソースとポテトサラダとフルーツと食パン、ジュース、そしてスティック?
このスティック状のスナックはヒデにはちょっと固かったです。

ヒデ君、これを半分くらい食べて、ひと遊びして、今度は本格的にねんねしてくれました。

Photoところで、バシネット、かなり利用価値です。
上の写真でも分かるように、マグを挟んだり、周りを荷物置き場に利用したりできます。
ねんねしてからはもちろん、ヒデが起きている時もご機嫌でバシネットの中に座って遊んでくれたので、ずっと抱っこしていなくていいのは親にとってかなり楽です。

JAL5141便は、カンタスとの共同運航便なので、カンタスの機材等での運航です。JALのサイトで調べたサービスとは少し違いましたが、バシネットの規格はかえって好都合でした。

マニアックな話になりますが、機材はB767。エコノミーの席は基本的には2-3-2の並びです。エコノミー席の一番前、進路に向かって右側部分の2人席の前に一カ所だけバシネットが設置されていました。この便に一カ所だけのバシネット、確保できてラッキーでした。

さて、我々両親もヒデのねんねの間に一眠り。
目覚めると朝食?と思ったらバナナを配られました。
バナナを頬ばりながら、「ケアンズは小雨」との機長アナウンスにちょっぴりがっかり。

到着したケアンズは4時台。まだ真っ暗です。
空港の路面は雨に濡れています。
でも、窓に水滴がつかないので、もしや雨が止んだかな、とちょっぴり期待。
ヒデ君は到着してもねんねのままです。

空港で預けたバギーは荷物と一緒にターンテーブルの脇に届いていました。

入国審査は家族単位で係員にパスポートを渡しました。ヒデは入国審査でも寝ぼけています。
日本ではヒデはともかくダンナと私は一人ずつ通されますよね。

ヒデ君、税関でもまだぼんやり寝ぼけまなこです。
ところで、オーストラリアは食物や薬の持ち込み制限が厳しいので、ヒデの離乳食は持ってきませんでした。
それでも、中耳炎のお薬があるし、マグの中には麦茶が残っていたので申告の列に並びました。
係員に、申告物はヒデのマグに入っている飲み物とヒデのお薬だけですと伝えると、X線検査の列を離れて、荷物を開けてざっと中身をチェックして、通してくれました。
ちなみに飲み物は申告の対象外だそうです。
オーストラリアの税関は、到着荷物は全部X線を通すなど、検査がかなり厳しいと聞いていたので拍子抜け。

さあ、扉の向こうに待っていたのは、夏本番のケアンズです。
到着ロビーから外を眺めると、雲が少しずつ切れて晴れ間が広がってきました。

つづく

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

« 初夢と宝船 | トップページ | 小澤征爾の弟子 !? »

コメント

旅ゴハンさんのところからやってきました。

バシネット、初めて見ました♪
結局、2人の子供には使うことが無かったのでどんな物だろうと興味津々でした。

旅の続きも楽しみにしていますね(^^♪

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

昨日ここにコメントを書いた筈なのに
何故か消えてる・・・・・( ̄□ ̄;)!!

お子さん連れでも快適な旅が出来るよう
色々工夫されているのですね
便利だわ~~
子供がいない私には知る由もないのですが(笑)
長時間の飛行中、赤ちゃんが愚図る声はあまり好ましくは無いけれど
お坊ちゃんはお利口さんで良かったですね

→maki_nさん、
はじめまして。
maki_nさんは、旅ゴハンさんと同じH.I.S.のミステリーツアーに行かれたんですね。
グアム旅行記拝見しました。
これからもよろしくお願いします。

→sayoriさん、
今年もよろしくお願いします。
ついに子連れ旅デビューしました。
一人旅していた時、うるさいお子様には閉口していたので、実はかなり気を遣いました。今回、息子はいい子で旅してくれてとても安心しました。
調子に乗ってまた行きたいなと目論んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/17493242

この記事へのトラックバック一覧です: バシネットで行こう!:

« 初夢と宝船 | トップページ | 小澤征爾の弟子 !? »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ