最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« スーパーに行こう | トップページ | 動物園へ行こう(その2) »

動物園へ行こう(その1)

ケアンズに行こう! 《4》
 海外子連れ旅【観光編】 
   =動物園へ行こう=(その1:コアラと一緒)

12月21日(金) ③P1040948

さて、 まずはどこに行こうかと考えて、思いついたのが、動物園です。
せっかく、コアラやカンガルーで有名なオーストラリアへの旅行です。ヒデ(この時1歳5か月)をこの旅行中に、初めての動物園に連れて行ってあげようと思っていました。

パシフィックインターナショナルの隣のソフィテル・リーフカジノホテルの屋上にもちょっとした動物園(ケアンズワイルドライフドーム)があると聞きましたが、せっかくだから大きな動物園に行こうということで、P1050032 ケアンズトロピカルズー(Cairns Tropikal Zoo & Night Zoo)に行くことにしました。この辺では最大の動物園らしいです。
ちょうどホテルの1階のツアーデスクにリーフレットが置いてありました。1人58豪ドル(約5,800円、入場料込)のツアーです。

『地球の歩き方リゾート ケアンズとグレートバリアリーフ』をみるとケアンズ郊外のパームコーブの近くにあります。
うむむ、遠いなあ。タクシーでいくらくらいかかるか、ダンナ様にフロントで聞いてきてもらったところ、50豪ドルぐらいかなとのこと。

(※ちなみにH.I.S.のツアーで来れば、パームコーブ方面へのシャトルバスがあったのです。残念!)

『地球の歩き方』によると入場料が大人1人29豪ドル(約2,900円)。
それなら58ドルのツアーで行きますか、ということにしました。
ツアーデスクで、10時か11時のコースは今から申し込めますかとたずねたら、催行会社に問い合わせてくれて、10時はいっぱいだからと、10時30分のツアーを特別にアレンジしてくれました。

ツアーといっても、ワゴン車は貸し切りでした。
P1040932 お昼寝からさめたヒデ君、ご機嫌です。
サービスでコアラのマスコットももらいました。(参加のお子様にプレゼントがあります、とリーフレットに書いてあったけれど、ヒデ君は料金がかからない幼児なので対象外かと思っていました。)右手に握りしめているのが、それです。

途中、スコールのような大雨が降りましたが、トロピカルZOOについたら青空。約30分弱のドライブです。入り口で入場の手続きをすると、お迎え時間を確認して、ドライバーのおじさんは去っていきました。

入り口には各国語のリーフレットがあります。日本語のものをもらって、どこへ行こうかなとダンナと相談。
ショータイムもいろいろあるようです。

とにかく、まずは、コアラです。
オーストラリアです、何と言ってもコアラに会わなくては。

そういうわけで最初にコアラ舎に向かいました。
オーストラリアの動物園ではあちこちで、コアラと一緒に記念撮影ができますが、ここでもやっていました。
11時の回の列が進んで、残りの人数が少なくなっているようなので、並んでみました。

P1000073 1人15豪ドル(約1,500円)でコアラを抱っこして記念撮影して写真をもらえます。
最初は、高い!と思ったのですが、コアラを見ると、う~ん、抱っこしたい、という気分になります。かわいい・・・。

ダンナ様は独身時代にキュランダでコアラを抱っこして写真を撮ったそうなので、今回は私だけがやってみることにしました。

「ベビーとコアラと両方抱っこして撮ってみる?」と係のお姉さんに聞かれたので、「トライしますっ!」と、答え、まずはヒデ坊を左腕に抱っこ。
そして、右腕にコアラ。
腕の形を決めてそこにコアラをはめるのですが、なんと、コアラ君、ヒデと一緒は気に入らないようです。カメラの方を向かないでイヤイヤします、コアラのほうが。

結局、コアラだけを抱っこして、パチリ。
コアラ、抱っこの仕方がまるでヒデ坊にそっくりです。にゅーん、と手を伸ばしてゆっくりと抱きついて、ぺたっと体重を預けるのです。これは、カワイイ!

その後、ダンナがヒデを抱っこして、私がコアラを抱っこしPhotoた状態で、持参のカメラで係のお姉さんに撮ってもらいました。
それが、この写真。→

ヒデ君、いきなり大泣きです。
どうやら、コアラにママをとられた、と思ったようです。
あはは、かわいい。
私がコアラを放したらすぐに泣きやみました。

この後、パパに抱っこしてご機嫌でコアラ舎を見学しました。

ヒデ君、次はカンガルーとの遭遇です。

《つづく》

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

« スーパーに行こう | トップページ | 動物園へ行こう(その2) »

コメント

く~~~!ヒデくんが・・・!かわいい!!!

このぬいぐるみ持ってるのがまたいいですね。
子供ってこういうどうせすぐにゴミになるようなの好きですよね。
しっかりと握ってかわいいわ~~!!!

この号泣写真もナイスです(笑)。

うわー!本物コアラだぁ!
オーストラリアって感じですね。
初めての動物園がオーストラリアだなんて、ヒデ君贅沢…羨ましい。
コアラとヒデ君ほぼ同じ大きさに見えますが?質感も同じなんでしょうか?
素敵な体験ができましたね!

→ル~♪さん、
かわいい、といって頂いて嬉しいです♪
ぬいぐるみにはすぐに飽きてしまいました。そんなもんですね。
号泣写真は年賀状にも使いました。これが結構うけました。でも、みんな、ヒデはコアラが怖くて泣いていると誤解したようです。

→のぶたんさん、
初めての動物園、そうそう、贅沢だなあ、とダンナも言っています。初めての海水浴はもっと贅沢ですよ。後で記事にしますね。
コアラの質感、確かにヒデと同じくらいかも。重さもちょうどいいし。

ヒデくんかわいい~♪
ママが一番なんですね(^^♪

イヤイヤをするコアラ!!この場面に遭遇したい~
抱っこしてみたい~

→maki nさん、
コアラのイヤイヤもカワイイですよ。
すっかりコアラ好きになってしまいました。

ケアンズ、子連れに最高です。
ぜひ、行ってみてください。
お子さんも喜びますよ、きっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/17691241

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園へ行こう(その1):

« スーパーに行こう | トップページ | 動物園へ行こう(その2) »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ