最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 動物園へ行こう(その1) | トップページ | キッズラック »

動物園へ行こう(その2)

ケアンズに行こう! 《5》
 海外子連れ旅【観光編】 
   =動物園へ行こう=(その2:怠惰なカンガルー)

12月21日(金) ④Photo

ケアンズトロピカルズーのコアラ舎では、コアラを間近にたくさん見ることができました。
これって剥製?と思うくらい動かないコアラや、もぐもぐユーカリを食べているコアラなど、とても立派とは言えないプP1040958レハブのような建物の中ですが、とにかくたくさんいます。

以前にもケアンズに来たことがあるダンナ様に聞くと、ここは,ほかの施設よりもコアラがいっぱいいて、いいかも、とのことです。

P1050022コアラを満喫したヒデ坊と我々は、次に「カンガルー の餌付け体験」 を目指して行くことにしました。
入場口で、カンガルーの餌(1豪ドル、約100円)を売っていたので買っておきました。

さて、カンガルー。
いました。たくさんいます。が、なんだかのっそりしています。
ぴょんぴょん跳ねないのかな。

P1050030 我々3人はカンガルーの囲いの中に入りました。ヒデ君はバギーに乗ったままです。

おお、カンガルーがいっぱい。こんなに近くで見られる、スゴイなあ。
ヒデ君は「わんわん」と言って指さしています。「わんわんじゃなくてカンガルーだよ」と教えましたが、覚えたかな?

P1050029 近くに行って餌を見せると、別に~という感じでちょっと近づいてきたカンガルー君。まあ、食べてやるか、という雰囲気で、もぐもぐ。
ヒデ坊はそれをじっと眺めています。ちょっぴり興味を持ったようです。
相変わらず、「わんわん」と行って指さしています。

カンガルーがぴょんぴょん、と近くを飛び跳ねて行った時はちょっと感動しました、が滅多に跳びません。

P1040967たくさんのカンガルーは向こうでお昼寝。
うーん、サービス精神に欠けるなあ。

「カンガルーの餌付け体験」は一日中やっていることになっていますが、朝から行く場合は、早いうちにここに行った方がいいかもしれません。
午後にもう一度行ってみたら、カンガルー達、さらに怠惰になっていました。
暑くて、お腹いっぱいで、もういいや、という感じです。

おーい、カンガルー、餌だよー。
・・・来ません。
餌は残ってしまいました。

カンガルーは怠け者、というイメージが私の中に定着してしまいました。

今度はもっとワイルドなカンガルーに会いたいな。

P1000075おまけ。
←これはカンガルーではなくて、ワラビーです。
ヒデ君、怪訝そうに見ています。

つづく

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

« 動物園へ行こう(その1) | トップページ | キッズラック »

コメント

カンガルーの餌付け体験は貴重でしたね。
檻の中の動物を見るだけでなく『動物とのふれあい』を大切にした動物園は最高ですね。
ヒデ君は、変わったワンワンだと思ったんでしょう(笑)

その1のコアラにお母さんを取られたと思ったヒデ君もかわいかったですよ。

微笑ましく楽しんでいます。

→kabutoさん、
カンガルーもコアラも素晴らしい体験だったと思います。残念なのは、きっとヒデの記憶には残らないんだろうなあということです。まだ小さすぎますから。
kabutoさんも、子連れ旅の記事のアップを始めたんですね。
マレーシア、トランジットでクアラルンプールに1日だけ立ち寄ったことがありますけど、それ以外は未知の領域です。
楽しみにしています。

子供って、動物全部「ワンワン」って言う時期ありますよね~ヒデ君かわいい♪
旅行や動物園に行って触れ合った出来事は、記憶には残らないかもしれないけど、子供達の心の引き出しの片隅には残っているんでしょうね(^^♪

→maki nさん、
あ、やっぱり、何でもワンワンという時期ってあるんですね。
何とか記憶に残すために、旅行中のビデオをたまに見せようかな。
でも、無理に残そうとしなくても、心の片隅にしまっていて、いつかデジャ・ヴュみたいな形で思い出すことがあるかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/17720636

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園へ行こう(その2):

« 動物園へ行こう(その1) | トップページ | キッズラック »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ