最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

またしても中耳炎

またしても、ヒデ君にやられました。

ヒデ、1歳半。ここ1か月、耳鼻科に縁がなく、そろそろ中耳炎を卒業か?との期待も高まっていたところで、ぶひょーっと耳だれです。

実は金曜日に38.5℃の熱があるとのことで、保育園から呼び出しがあり、風邪かな?と思っていたのです。
一時は39℃も熱を出して小児科にも行ったのに、食欲旺盛で、元気いっぱいボール投げをするヒデでした。

そして、週末の夜にぶひょー。
今日もぶひょー。
耳から黄色い液体が・・・。

「体重が15kgぐらいになると自然に治るんですよ。」と耳鼻科の先生には言われていますが、それって、まだまだ先ですよね・・・。

また耳鼻科通いの日々です。

そのせいばかりでもないのですが、ケアンズ旅行記は、ここ数日ちょっとお休み中です。
  

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 旅行記のおかげか最近頑張っています。
 ←こちらもビミョーな位置にいます。

ブログ1周年

もうすぐ(明日です。あと何分かな?)、ブログを開設してから、1周年です。

以下、第1回目のブログです。
☆☆☆

旅も育休中

ついにブログをはじめました。

旅のページを作るはずが、昨年夏に出産し、お仕事だけでなく旅もお休み。当分旅も育児休業です。

と、いうわけで、たぶん育児日記になるんだろうなあ

☆☆☆

日付は、2007年1月27日(土)です。

あれから1年、日記はいつも三日坊主になる私ですが、なんとか今日まで続けてこられました。

コメントいただいて嬉しかったり、ほかのブログに遊びに行って共感したり刺激を受けたり、そういった交流があることで、日記とは違い、続けられるのではと思います。
ブログを通して知り合えた皆さんとは、実生活では一生知り合うことがなかったかも知れませんよね。

この1年間に、私は育休から仕事に復帰して、6か月児だったヒデは、1歳半になりました。
ヒデは、保育園に行ったり、初の海外旅行でオーストラリアに行ったり、中耳炎との闘いの日々が続いたり、いろいろありました。

1年って、あっという間でもあり、長くもあり、ですね。

これからもまた2周年、3周年目指して書いていこうと思います。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 旅行記のおかげか最近頑張っています。
 ←こちらもビミョーな位置にいます。

ホテルにチェックイン

ケアンズに行こう! 《7》
 海外子連れ旅【宿泊編】 
   =パシフィック・インターナショナル・ケアンズ=

12月21日(金) ⑥

さて、ようやくホテルにチェックインです。

いろいろな体験をして疲れたのか、ヒデはケアンズトロピカルズーから帰るワゴン車の中P1000076 でお昼寝に入ってしまいました。お部屋に行ってもそのままねんね。しかたないので、ベッドに寝せました。→

今回の旅行で宿泊したのは、パシフィック・インターナショナル・ケアンズPacific international Cairns)です。

このホテル、もう、なんといってもロケーションが最高でした。
グリーン島に行くお船の桟橋はすぐそばだし、スーパーも、ナイトマーケットもすぐ徒歩圏内、朝食をとったり散策したりするエスプラネード通りにも隣接です。
私は興味がないけど、免税店に至っては隣です。

子連れ、特に幼児がいると、ロケーションって大事だなあ、と実感しました。
必要なところが徒歩圏内にあると、バギーで気軽に外出できるのです。

ホテルのお部屋の中をちょっと紹介しましょう。
鍵はカードキー。ダンナと私と1枚ずつもらいました。

P1000080広い洗面所はバスタブ付きです。お風呂が大好きなヒデ君にとって、バスタブがあるのはとてもうれしいです。

写真にはありませんが、鏡も大きくて壁面いっぱい。お風呂の前にヒデ君を抱っこして、鏡を見せたらかなり楽しそうでした。

湯沸かしポットがあるのでコーヒーと紅茶を無料で楽しめます。冷蔵庫もあります。
P1000079 ヒデ君はミルクは飲みませんが、ミルクを作るのにもきっと便利です。

このコーナー(→)は、この後、ヒデ君のバナナ&ビスケットコーナーとなりました。

お部屋はスタンダードタイプでしたが、十分広いです。
バルコニーもついています。
P1000077_2夜はヒデ坊が転げ落ちないようにベッドを壁にくっつけて、壁側に寝かせました。

私、実は元パッカーなので、海外で中級以上のホテルってあまり泊まったことがありません。(このクラスになると私にとっては超高級です。)でも、快適に過ごせたのは、そのせいだけではないと思います。
ロケーションも、設備もいいので、次回もケアンズに来る機会があったらまた利用したいなあと思いました。

さて、ヒデ君、一眠りしたら、お目々ぱっちり。
みんなでプールとジャグジーに行くことにしました。

ホテルの3階にあります。
タオルもプールサイドにあるのでお部屋から持って行かなくてO.K.。便利です。
昼間はみんな観光に行ってしまうからでしょうか、プールもジャグジーもすいていて、ほぼ貸し切り状態でした。
ヒデ君、ジャグジーでは大興奮。「ぱちゃぱちゃ」と言いながら水をはじいて大喜び。

これから3泊お世話になるパシフィック・インターナショナル・ケアンズ、楽しい滞在になりそうです。

つづく

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 旅行記のおかげか最近頑張っています。
 ←こちらもビミョーな位置にいます。

動物園へ行こう(その3)

ケアンズに行こう! 《6》
 海外子連れ旅【観光編】 
   =動物園へ行こう=(その3:昼食とバードウォッチング)

12月21日(金) ⑤

ケアンズトロピカルズーで引っ張っていますが、もうちょっとだけおつきあいくださいね。P1000066

さて、昼食です。
トロピカルズーには一カ所だけお食事どころがありました。

私は美味しそう!とワッフルを注文。先にサンドイッチを食べていたダンナ様、美味しそうだなあ・・・と言うので、上に乗っているアイスクリームを半分あげました。

朝食に引き続き、すごいボリュームです。
観光地値段なのでちょっと高いけれど。

ヒデ君は、早速ビスケットとジュースの昼食です。ダンナのサンドイッチも少しもらいました。

ところで、このトロピカルズー、普通の動物園と違い、ゾウやキリンやライオンはいません。
P1000072紹介済みのコアラカンガルーがメインなのは言うまでもないですが、それ以外って?

ウォンバットやディンゴといったオーストラリアらしい生き物ももちろんいますが、多いのはワニでした。

ワニは、飼育係が檻の中で鶏の肉をまるごと食べさせるなんていうショータイムもあって、ここの売りのようです。が、ヒデ君のトラウマになると困るのでちらっと見てパスしました。
ショータイム以外は寝ていました、ワニ。

P1040990そして、鳥です。
私は、実は鳥、大好き。
(食べる方じゃありません。)

子どもの頃から、セキセイインコオカメインコなどオーストラリア原産の小鳥をよく飼っていたのです。

P1040935トロピカルズー、鳥天国だあ~、と知ってちょっと嬉しかったです。
ケージの中だけでなく、こんな感じであちこちにいます。

ケージの中に人間が入って鳥たちを間近で見られるコーナーもあります。
P1050002ヒデ君、ここにもバギーで入ります。

鳥たちは、人が近づいてものんびりと過ごしています。
お客のマナーがよくて、危害を加える人がいないからでしょうか?

ヒデのバギーのすぐ傍で水浴びをする鳥たちもいます。

P1050017
うーん、トロピカルな鳥たちです。

ひとつだけ、バードショーの時間を外してしまい、見ることができなかったのが、失敗。
頭上すれすれをこのカラフルな鳥たちが飛び回る姿を見たかったです。

P1040991人気のワライカワセミはぶれぶれのピンぼけ写真しかありませんでした。
残念。もっと撮ればよかったです。

P1040998

ヒクイドリも初めて見ました。
大きいです。

いろいろな鳥を堪能して、結構満足でしたが、大好きなオカメインコが見あたりませんでした。
いや、日本のペットショップにいくらでもいますが、のびのびと自然に近い姿でいるオカメちゃんをみたかったなあ。

ところで、イチオシの鳥は、これです↓。
Photo
何という種類の鳥なのか、メモしてこなかったのが残念。どなたかご存じではないですか?
なんだこりゃ、とちょっと怒ったような顔が面白いです。

小鳥を見てカンガルーをもう一度見ているうちに帰りの時間が近づいてきました。
私たちは、お土産ショップでちょっとお買い物をして、トロピカルズーとさよならしました。

つづく

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 旅行記のおかげか最近頑張っています。

 ←こちらもビミョーな位置にいます。

キッズラック

ケアンズ旅行記は一回お休みします。

今日は、ベルメゾンに注文していたキッズラックが届きました。
080119_2208ヒデの絵本や玩具の置き場所が雑然とするようになったので、整理しなくては、と思い購入することにしたのです。
←こんな状態でした。

特に絵本が溢れています。

夕方、荷物が届いて、ダンナが夕食の前後に懸命に組み立てて、ヒデがねんねしてからリビングに搬入。
整理が終わったのは11時でした。

080119_2242←使用後は、こんな感じです。

すっきりしました。
棚には絵本、引き出しには玩具を主に収納しました。
それだけでなく、上着やリュック、そして保育園に持っていく連絡帳や着替え袋を置くコーナーも設置できたので大満足です。

「キッズラック」とか、「子ども 収納」とかのキーワードで検索して調べて、ダンナと協議検討した結果、この商品に決定しました。
幅約90cm、高さ約130cm、奥行き約40cmです。
リビングに置いたら、イメージしていたより大きくてびっくり。
でも、気に入りました。

明日の朝、ヒデが起きてきた時の反応が楽しみです。

ところで、このラックに絵本を整理して、私の手作り本箱の役目が終わったので、捨てました。ヒデ君にもうボロボロにされていたし。Dvc00242
ヒデが4か月の時に作ってあげた代物です。(写真→2006年11月)

ラックが届いて嬉しいけれど、本箱にさよならしたのだけはちょっぴり寂しいような気がしました。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 旅行記のおかげか最近頑張っています。
 ←こちらもビミョーな位置にいます。

動物園へ行こう(その2)

ケアンズに行こう! 《5》
 海外子連れ旅【観光編】 
   =動物園へ行こう=(その2:怠惰なカンガルー)

12月21日(金) ④Photo

ケアンズトロピカルズーのコアラ舎では、コアラを間近にたくさん見ることができました。
これって剥製?と思うくらい動かないコアラや、もぐもぐユーカリを食べているコアラなど、とても立派とは言えないプP1040958レハブのような建物の中ですが、とにかくたくさんいます。

以前にもケアンズに来たことがあるダンナ様に聞くと、ここは,ほかの施設よりもコアラがいっぱいいて、いいかも、とのことです。

P1050022コアラを満喫したヒデ坊と我々は、次に「カンガルー の餌付け体験」 を目指して行くことにしました。
入場口で、カンガルーの餌(1豪ドル、約100円)を売っていたので買っておきました。

さて、カンガルー。
いました。たくさんいます。が、なんだかのっそりしています。
ぴょんぴょん跳ねないのかな。

P1050030 我々3人はカンガルーの囲いの中に入りました。ヒデ君はバギーに乗ったままです。

おお、カンガルーがいっぱい。こんなに近くで見られる、スゴイなあ。
ヒデ君は「わんわん」と言って指さしています。「わんわんじゃなくてカンガルーだよ」と教えましたが、覚えたかな?

P1050029 近くに行って餌を見せると、別に~という感じでちょっと近づいてきたカンガルー君。まあ、食べてやるか、という雰囲気で、もぐもぐ。
ヒデ坊はそれをじっと眺めています。ちょっぴり興味を持ったようです。
相変わらず、「わんわん」と行って指さしています。

カンガルーがぴょんぴょん、と近くを飛び跳ねて行った時はちょっと感動しました、が滅多に跳びません。

P1040967たくさんのカンガルーは向こうでお昼寝。
うーん、サービス精神に欠けるなあ。

「カンガルーの餌付け体験」は一日中やっていることになっていますが、朝から行く場合は、早いうちにここに行った方がいいかもしれません。
午後にもう一度行ってみたら、カンガルー達、さらに怠惰になっていました。
暑くて、お腹いっぱいで、もういいや、という感じです。

おーい、カンガルー、餌だよー。
・・・来ません。
餌は残ってしまいました。

カンガルーは怠け者、というイメージが私の中に定着してしまいました。

今度はもっとワイルドなカンガルーに会いたいな。

P1000075おまけ。
←これはカンガルーではなくて、ワラビーです。
ヒデ君、怪訝そうに見ています。

つづく

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

動物園へ行こう(その1)

ケアンズに行こう! 《4》
 海外子連れ旅【観光編】 
   =動物園へ行こう=(その1:コアラと一緒)

12月21日(金) ③P1040948

さて、 まずはどこに行こうかと考えて、思いついたのが、動物園です。
せっかく、コアラやカンガルーで有名なオーストラリアへの旅行です。ヒデ(この時1歳5か月)をこの旅行中に、初めての動物園に連れて行ってあげようと思っていました。

パシフィックインターナショナルの隣のソフィテル・リーフカジノホテルの屋上にもちょっとした動物園(ケアンズワイルドライフドーム)があると聞きましたが、せっかくだから大きな動物園に行こうということで、P1050032 ケアンズトロピカルズー(Cairns Tropikal Zoo & Night Zoo)に行くことにしました。この辺では最大の動物園らしいです。
ちょうどホテルの1階のツアーデスクにリーフレットが置いてありました。1人58豪ドル(約5,800円、入場料込)のツアーです。

『地球の歩き方リゾート ケアンズとグレートバリアリーフ』をみるとケアンズ郊外のパームコーブの近くにあります。
うむむ、遠いなあ。タクシーでいくらくらいかかるか、ダンナ様にフロントで聞いてきてもらったところ、50豪ドルぐらいかなとのこと。

(※ちなみにH.I.S.のツアーで来れば、パームコーブ方面へのシャトルバスがあったのです。残念!)

『地球の歩き方』によると入場料が大人1人29豪ドル(約2,900円)。
それなら58ドルのツアーで行きますか、ということにしました。
ツアーデスクで、10時か11時のコースは今から申し込めますかとたずねたら、催行会社に問い合わせてくれて、10時はいっぱいだからと、10時30分のツアーを特別にアレンジしてくれました。

ツアーといっても、ワゴン車は貸し切りでした。
P1040932 お昼寝からさめたヒデ君、ご機嫌です。
サービスでコアラのマスコットももらいました。(参加のお子様にプレゼントがあります、とリーフレットに書いてあったけれど、ヒデ君は料金がかからない幼児なので対象外かと思っていました。)右手に握りしめているのが、それです。

途中、スコールのような大雨が降りましたが、トロピカルZOOについたら青空。約30分弱のドライブです。入り口で入場の手続きをすると、お迎え時間を確認して、ドライバーのおじさんは去っていきました。

入り口には各国語のリーフレットがあります。日本語のものをもらって、どこへ行こうかなとダンナと相談。
ショータイムもいろいろあるようです。

とにかく、まずは、コアラです。
オーストラリアです、何と言ってもコアラに会わなくては。

そういうわけで最初にコアラ舎に向かいました。
オーストラリアの動物園ではあちこちで、コアラと一緒に記念撮影ができますが、ここでもやっていました。
11時の回の列が進んで、残りの人数が少なくなっているようなので、並んでみました。

P1000073 1人15豪ドル(約1,500円)でコアラを抱っこして記念撮影して写真をもらえます。
最初は、高い!と思ったのですが、コアラを見ると、う~ん、抱っこしたい、という気分になります。かわいい・・・。

ダンナ様は独身時代にキュランダでコアラを抱っこして写真を撮ったそうなので、今回は私だけがやってみることにしました。

「ベビーとコアラと両方抱っこして撮ってみる?」と係のお姉さんに聞かれたので、「トライしますっ!」と、答え、まずはヒデ坊を左腕に抱っこ。
そして、右腕にコアラ。
腕の形を決めてそこにコアラをはめるのですが、なんと、コアラ君、ヒデと一緒は気に入らないようです。カメラの方を向かないでイヤイヤします、コアラのほうが。

結局、コアラだけを抱っこして、パチリ。
コアラ、抱っこの仕方がまるでヒデ坊にそっくりです。にゅーん、と手を伸ばしてゆっくりと抱きついて、ぺたっと体重を預けるのです。これは、カワイイ!

その後、ダンナがヒデを抱っこして、私がコアラを抱っこしPhotoた状態で、持参のカメラで係のお姉さんに撮ってもらいました。
それが、この写真。→

ヒデ君、いきなり大泣きです。
どうやら、コアラにママをとられた、と思ったようです。
あはは、かわいい。
私がコアラを放したらすぐに泣きやみました。

この後、パパに抱っこしてご機嫌でコアラ舎を見学しました。

ヒデ君、次はカンガルーとの遭遇です。

《つづく》

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

スーパーに行こう

ケアンズに行こう! 《3》
 海外子連れ旅【滞在編】 =スーパーに行こう=

12月21日(金) ②

海外でのお買い物は、スーパーでするのが大好きな私。P1050229
スーパーに行くと、その土地の生活がちょっぴり見えるし、品物も観光客用のお店より断然安いからです。

旅行中に必要なものだけでなく、ちょっとしたお土産もスーパーで買っちゃいます。

さて、今回は、到着後、朝食を食べたらすぐにスーパーに行きました。
アボット通りの「ウールワース(WOOLWORTHS)」です。

主な目的はヒデ君の食糧の買い出し。
オーストラリアは食品の持ち込み制限が厳しいと聞いていたので、ベビーフードを一切持ってこなかったのです。

主なお買い物内容は、以下の通りです。(後日、もう一度スーパーに行ったときの商品もあわせて書いています。)

P1050055 P1050057 欠かせないのはバナナ。できればヨーグルトも。
バナナは1kgあたり2.48豪ドル(約250円)。ベビー用ヨーグルトは6個で3.85豪ドル(約380円)でした。
日本でもベビーダノンは4個で200円以上するから、まあこんなもの?

ところで、大人用のヨーグルトも含めて、6個パックしかないのはなぜ?
滞在は4日間なので4個パックがないかなと探したのですが、ありませんでした。

さて、予想外に、ヒデ君の主食となったのはビスケット。特にベビー用ではありません。
P1050336←これです。
結構たくさん入っていて、毎回少しずつ、3日間毎日食べました。
かなり気に入ってくれた様子です。
いくらだったかな?レシートを見ると、多分2.85豪ドル?もうすこし安かったような気もします。

P1050358ちなみにベビーフードのスナックは固くて、あまりお気に召さなかったようです。
←固かったベビー用のスナック。
試しに食べてみたけど、ほんとに固いです。
こんなに固いのに1歳から3歳用って書いてあります。
オーストラリアのお子様はこんなの食べるのでしょうか?

飲み物は、まずは定番のミネラルウォーター。
特売品で1.5リットル0.69豪ドル(約70円)から。500ml6本パックで5.79豪ドル(約580円)も買いました。P1050338
ジュースもベビー用(写真左)と大人用(右と下のパック写真)とそれぞれパック売りで購入。
ベビー用は6個(ここでも6個です!)で3.09豪ドル(約310円)。
大人用は8個パックで4.87豪ドル(約490円)。安い!と思ったら、100%ジュースではありませんでした。P1050066しまった、よく確認して買わないと)。

生鮮食料品やパンを買ったわけではないので正確なところはつかめませんが、物価はだいたい日本と同じくらいかなと感じました。

ウールワース(WOOLWORTHS)、食料品や日用雑貨だけでなく、衣類なども売っています。ロケーションは最高だし、朝は8時台から開店しているようです。なかなか便利です。

つづく
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

ケアンズで朝食を

ケアンズに行こう! 《2》
 海外子連れ旅【到着編】 =ケアンズで朝食を=

12月21日(金) 

ついにケアンズにやってきました。
雨もあがってすがすがしい朝になってきました。

ケアンズ空港では、お迎えの現地係員の男性が、到着ロビーで待っていました。
次の便のお客も一緒に案内するらしく、ちょっと待たされました。
まあ、その間に、ヒデのオムツ換えと着替えを済ませられたのでかえって好都合でした。到着ロビーには授乳室・オムツ換えスペース完備です。

ワゴン車でツアーデスクに案内されて、ちょっと話(オプショナルツアーの案内など)を聞かなくてはいけませんでしたが、7時半ぐらいには開放されました。

P1040925さあ、歩き始めましょう。
まずは朝食です。

ケアンズ、実はダンナ様にとっては2回目のご訪問。
朝食はエスプラネード通りで、というダンナ様の意見で、さあ、出発。
って、宿泊予定のパシフィックインターナショナルのすぐ脇の通りではないですか。ホテルロケーション、最高です。

P1040927朝食メニューを用意したオープンテラスの店がずっと軒を連ねています。

何軒かメニューを見ながら2ブロックぐらい歩いて、OASIS KEBABというお店に落ち着きました。
8時ちょうどくらいです。
ヒデ君はバギーのまま席につきます。

うわさどおりものすごいボリュームです。1221一人分の分量がちょっと多いかなと感じました。ジュースは、ヒデ君に飲まれてしまったので、1杯追加しました。この写真のセットで1人10豪ドル(約1,000円)、ジュース付きです。
エスプラネード通りの朝食はみな同じくらいの値段です。ここは少し安いほう。
ケアンズの朝食は全体的にやや高めかなと感じました。ちなみに、ホテルでビュッフェ形式の朝食にすると30豪ドルぐらいらしいです。

ヒデ君は、ジュース1杯のみ。あとはパパとママのプレートから、トーストとスクランブルエッグと、豆を食べました。

通りの向こうには(ちょっと遠いけど)海が臨めます。
スズメとは違うちょっとトロピカルな小鳥のさえずりが聞こえてきて、じわーっと暑くなってきて、「うわー、旅に来たあ。」という喜びがこみ上げてきました。
朝食中に、急にさわさわとシャワーのような雨が降り出しましたが、食事中に止み、また太陽が顔を出しました。

朝食後は、スーパー「ウールワース」へ、ヒデ君の食糧を仕入れに行きました。
エスプラネード通りから1本内陸部へ入ったアボット通りにあります。
バナナやビスケット、ミネラルウォーターなどを買いました。お買い物詳細はまた後日レポートします。P1040928

さて、そのうち、ヒデ君は眠くなってしまいました。
仕方がないので一旦ホテルへ戻ります。ロケーションがいいと便利です。

しかし、アーリーチェックインの申し込みはしていないので、お部屋に入れません。
ロビーでねんねして頂きました。

その間に作戦会議。
今日の日程は決めていません。P1040947

思いつきで行くことになったのは??

ヒントはこちら。(コアラ) →
 
つづく》 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

カップスタ~♪届いたよ

先日、記事にしたカップスター♪モラタメさんから届きました。
071225_1225 年末の慌ただしい時でしたが、オフィスに届いたので(オフィス限定お届け企画でした。)、周りの皆さん、何かな?と興味津々でした。

サッポロ一番 カップスター」(サンヨー食品株式会社)を4種各3個、計12個のセットで届きました。
4種の内容は、
★サッポロ一番 カップスター しょうゆ
★サッポロ一番 カップスター みそ
★サッポロ一番 カップスター しお
★サッポロ一番 カップスター カレー南ばん
です。

お昼時に1つずつ配ったら、皆さんに喜んでもらえました。
どれがいいかな、と選んでもらったら、結構意見が分かれて、まんべんなくもらわれていきました。

やはり多いのが、「懐かしいね~」という声。
あまり若い人がいないので、みんな懐かしがります。

071225_12251 早速食べたのは、私だけ?
お湯を注いだら、オフィス内にカップスターの匂いが漂いました。うーん、美味しそう。

ほかの皆さん、残業の友にする方、1食浮くからと持ち帰る方、など様々。
上司がラーメン通(HPなどでいろいろ書いています。)なので意見を聞きたかったのですが、聞かないうちに年末休みに突入してしまい時期を逃しました。残念。

さて、実は私も何個か自宅へ持ち帰りました。
ダンナ様が食べたいと言っていたのです。

わあ、当たったんだ!と、予想通り、ダンナ様、喜んでくれました。
そして、年末年始のお休みの間に、ほとんどなくなっていました。カップスタ~♪いつの間にかダンナ様、食べちゃったらしいです。

結局私は、しお味を1個食べただけでした。
何となく懐かしい香りがしました。
そして、つい、カップスターのCMソングを口ずさんでいました。

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも、なぜか結構頑張っています。

小澤征爾の弟子 !?

小澤征爾の弟子 !?
 =ウイーンフィルに夢中な息子様②=

ウィーンフィルに夢中な1歳半の息子ネタ その2です。

さて、毎週末何回もズービン・メータのドナウとラデツキーを繰り返し聴かされている我がダンナ、そんなに好きならヒデにDVDを買ってあげよう、ということにしました。

で、選んだのが小澤征爾指揮の2002年ウィーンフィルニューイヤーコンサートDVDです。
 ←これです。

これが、想像以上に大ヒット。
ヒデ君、以前に増してウィーンフィルに夢中になってしまいました。

特にお気に入りになったのが、アンネン・ポルカ。
お馬の映像が大好きなようです。ポルカに会わせて白馬が踊る特典映像にもう釘付け。
やっぱりお子様、音楽よりもお馬パカパカの映像が好きなのね、と思っていたら、それだけではありません。

071118_1650美しく青きドナウ」は、お約束でバレエの映像がつきますが、もうこれにも釘付け。
そう、2002年は世界でもトップのソリスト、ウラジミール・マラーホフのバレエ映像付きなのです。
(バレエ好きの私としても嬉しいです。)

ヒデ坊、ドナウが流れ始めると、期待にいっぱいの瞳で、マラーホフがドアを開けるシーンを待ちます。そして、マラーホフが現れると、「あー。」と指さします。
最近は一緒に手をぐるぐる回して(たぶん)踊っています。

そして、これもお約束の「ラデツキー行進曲」。
こちらは演奏シーンのみなのにやはりヒデ君、夢中です。
もう、大興奮。
観客に会わせて手拍子をして、最後は「ブラボー」の声も高く立ち上がって、スタンディングオベーションです。

しかも、何度も見ているうちに小澤征爾の指揮をまねするようになってきました。
観客に、手拍子を押さえて・・・という感じや、顔の前で小さく手を振ったり、盛り上がるところで体全体で指揮したり、笑っちゃうくらい。

最後には投げキッスまでまねします。

もう、小澤征爾先生に見て頂きたいですっ!

そして・・・。
毎週末の恒例だったウィーンフィル、ついに毎朝恒例になってしまいました。
朝起きると、ヒデ、ダンナを叩いて起こしてでも、DVDを見せろと要求するのです。
テレビ画面を指さして、「あ、あ」と言って、お気に入りの演奏シーンが出ないと怒り出します。
おかげで最近、朝のニュースを見ていない夫婦です。

「もしや、我が子に音楽の才能が!?」などと喜んでいたのも通り過ぎて、いい加減、これって・・・子どの健全な成長によくないんじゃないか?とちょっぴり心配になりつつあります。
どうなんでしょうね?

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

バシネットで行こう!

ケアンズに行こう! 《1》
 海外子連れ旅【機内編】 =バシネットで行こう!=

ただいま!Photo
初の子連れ旅、オーストラリアのケアンズから帰ってきて1週間がたちました。
行ってきての感想。
ケアンズは子連れ旅にいろいろな意味で最高!でした。

さて、旅行記です。

【行程表】4泊5日の行程です。
12月20日(木) 20:10成田発JL5141便(機中泊)
12月21日(金) ケアンズ着 自由行動
12月22日(土) 自由行動 キュランダへ
12月23日(日) 自由行動 グリーン島へ
12月24日(月) 12:05ケアンズ発JL5142便で帰国

12月20日(木) 

成田発が夜なので、昼まで仕事をしてきてしまいました。
ほんとはゆっくり休んで準備したかったのですが・・・。

それでも、バシネットをなんとかゲットしたいと思い、空港へ早めに到着してチェックインを済ませました。
結果は、OK! 無事に確保しました。
ちなみに、この便、満席だったそうです。

Nrtところで、成田に着く前にお昼寝したのが功を奏したのか、大方の予想を裏切って、ヒデ君、快調にスタート。
成田(第2ビル)のプレイルームでは早速さかんに国際交流にトライしました。

出国手続きを済ませてからも、空港内にプレイルームが何カ所かあるのがいいですね。
オムツ交換台も、授乳室も完備です。

特に搭乗ゲートのすぐ脇にもプレイルームがあったので大助かり。
到着便の遅れの関係で、出発が若干遅れましたが、この間、ぎりぎりまでヒデ君をプレイルームで遊ばせることができました。

お子様連れは優先搭乗だなあ、というのをいつも傍らで見ていましたが、ついに自分で体験する日が来ました。
ゲートでバギーを預けて、いざ、搭乗です。
混んでいるのに先に乗せてもらっちゃっていいのかなあ、という気分。

Photo_2←座席前に、ありました。
バシネット
離陸まで間があるので、ちょっと開いてみました。

ヒデ君の体重は9.7kgくらいですが、このバシネット、11.3kgまでOKとの表示です。
心配していたけど、なんとかねんねできそうかな?

ヒデ君はもう遊び疲れてねむねむです。
授乳したら、離陸前に眠ってしまいました。でも、バシネットにはベルト着用のサインが消えないと乗せられません。
ちなみに、離陸時には私のシートベルトに取り付ける形で、ヒデ君の短いシートベルトを着用しました。 そのまま抱えて授乳しました。

出発前に中耳炎が再発していたので、テイクオフの時などに、耳が痛いと泣くのではないPhoto_3かとかなり心配しましたが、すやすやです。

これで、我々もゆっくり眠っていけるかな?と思ったのも束の間、バシネットに寝せてみたら、ヒデ君起きちゃいました。

ヒデ君、機内食を逃すつもりはないようです。

Photo機内食はベビーミールをリクエストしておきました。
←こんな感じです。

チキンのクリームソースとポテトサラダとフルーツと食パン、ジュース、そしてスティック?
このスティック状のスナックはヒデにはちょっと固かったです。

ヒデ君、これを半分くらい食べて、ひと遊びして、今度は本格的にねんねしてくれました。

Photoところで、バシネット、かなり利用価値です。
上の写真でも分かるように、マグを挟んだり、周りを荷物置き場に利用したりできます。
ねんねしてからはもちろん、ヒデが起きている時もご機嫌でバシネットの中に座って遊んでくれたので、ずっと抱っこしていなくていいのは親にとってかなり楽です。

JAL5141便は、カンタスとの共同運航便なので、カンタスの機材等での運航です。JALのサイトで調べたサービスとは少し違いましたが、バシネットの規格はかえって好都合でした。

マニアックな話になりますが、機材はB767。エコノミーの席は基本的には2-3-2の並びです。エコノミー席の一番前、進路に向かって右側部分の2人席の前に一カ所だけバシネットが設置されていました。この便に一カ所だけのバシネット、確保できてラッキーでした。

さて、我々両親もヒデのねんねの間に一眠り。
目覚めると朝食?と思ったらバナナを配られました。
バナナを頬ばりながら、「ケアンズは小雨」との機長アナウンスにちょっぴりがっかり。

到着したケアンズは4時台。まだ真っ暗です。
空港の路面は雨に濡れています。
でも、窓に水滴がつかないので、もしや雨が止んだかな、とちょっぴり期待。
ヒデ君は到着してもねんねのままです。

空港で預けたバギーは荷物と一緒にターンテーブルの脇に届いていました。

入国審査は家族単位で係員にパスポートを渡しました。ヒデは入国審査でも寝ぼけています。
日本ではヒデはともかくダンナと私は一人ずつ通されますよね。

ヒデ君、税関でもまだぼんやり寝ぼけまなこです。
ところで、オーストラリアは食物や薬の持ち込み制限が厳しいので、ヒデの離乳食は持ってきませんでした。
それでも、中耳炎のお薬があるし、マグの中には麦茶が残っていたので申告の列に並びました。
係員に、申告物はヒデのマグに入っている飲み物とヒデのお薬だけですと伝えると、X線検査の列を離れて、荷物を開けてざっと中身をチェックして、通してくれました。
ちなみに飲み物は申告の対象外だそうです。
オーストラリアの税関は、到着荷物は全部X線を通すなど、検査がかなり厳しいと聞いていたので拍子抜け。

さあ、扉の向こうに待っていたのは、夏本番のケアンズです。
到着ロビーから外を眺めると、雲が少しずつ切れて晴れ間が広がってきました。

つづく

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

初夢と宝船

今日は、初夢の日ですね。

080102_2230_2私の実家では、初夢の日に、折り紙で宝船を折って枕の下に入れて寝るという風習を子どもの頃からやっていたのですが、ダンナ様にきいたら、知らないそうです。

折り紙を折る前に、裏側に和歌を書きます。
その歌が決まっていて、確か次のような歌だと子供の頃に覚えて、毎年おぼろげな記憶をたどって書いています。

「ながきよの とおのねふりの みなめざめ
 なみのりふねの おとのよきかな」

間違いないかどうか、実は確認の方法があります。

この和歌、実は回文なのです。
逆さまに読んでみてください。
・・・ね。

この歌や宝船については、祖母に教わったような気がします。
ダンナ様をはじめ、友人達なども、この風習についてほとんどの人が知らないと言います。
ちなみに祖母は会津の出身ですが、こういう風習をご存じの方、ほかにいらっしゃったら教えてください。

080102_2225_2さて、今年は、ダンナ様の分とヒデ坊の分と 3人分折りました。
ねんねしたヒデ坊の枕の下にもそっと忍ばせました。

この宝船、いい夢を見たらとっておいて、悪い夢を見たら流すのだそうですが・・・。私は毎年どんな夢を見たのか忘れてしまうので、どうしたらいいのか密かに困っています。

さて、今夜はどんな夢を見るのでしょうか。
一富士二鷹三茄子!とまではいかなくても、いい夢を見たいものです。 

おやすみなさい。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

ニューイヤーコンサート

お正月のテレビ番組と言えば、一般的に思いつくのは、

① かくし芸大会
② 箱根駅伝
③ 天皇杯サッカー
④ ウィーンフィルニューイヤーコンサート

など・・・ですか?
(私はテレビをあまり見ませんので、上記の発想が貧困?)

このうち我が家で見るのはどれでしょう?

ダンナが見たいもの。
天皇杯サッカー
大ファンの浦和レッズが消えていたので、ダンナ様、広島を応援していました。

で、1歳半のヒデ坊が見たい(と思われる)ものは?
なんと④ウィーンフィルのニューイヤーコンサートなのです。

何故か?
ヒデ君、美しく青きドナウとラデツキー行進曲に夢中なのです。
(その辺のところはこちらの記事で。)

そういうわけで、このニューイヤーコンサート、我が家では待ちに待っていました。
当分の間、ヒデ君に見せるように録画するためです。特にアンコールの2曲は逃せません。

今年、2008年の指揮者は、ジュルジュ・プレートル。
初のフランス人だそうです。
83歳とのことで、見ていると、「じいちゃん、大丈夫かい?」という感じで始まりましたが、のってきたらどんどん勢いが出てきて、さすがです。

080101_2216_3 さて、ヒデ君の鑑賞記。
一応、気に入っていただけたようです。
タオルを握りしめて身じろぎもせず見ています。

しかし、ヒデ君、得意の「ドナウ」を聴いても、「ブラボー」の声が小さく、スタンディングオベーションはしませんでした。

どちらかというとズービン・メータや小澤征爾の方がお好みのようです。
頑張れ、ジュルジュ・プレートル。 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

ズービン・メータが好き!

ズービン・メータが好き! 
 =ウイーンフィルに夢中な息子様①=

最近、我が家の休日の朝はウィンナワルツ「美しく青きドナウ」で始まります。

って言うと、素敵なダイニングキッチンに、トーストとオムレツ、白いテーブルクロスに、花など生けてある食卓の朝食シーンが思い浮かぶかも知れませんが・・・。

こたつで、ごはんとみそ汁と、塩鮭と、昨日の残りの煮物をつつきながら、「ドナウ」のビデオをひたすら流しているのです。

Waltz ヒデ坊、1歳半。ウィーン・フィルオーケストラのニューイヤーコンサートアンコールに夢中だからです。

で、タイトルのズービン・メータって?

知っていたらクラッシック通でしょう。多分。
我が家でも、ヒデのおかげで覚えましたよ。いろいろ。そもそもクラシックはまあ、好きかなと言う程度で、音楽に関して何の素養もない夫婦です。

で、タイトルについて、ですね。毎年、世界の著名な指揮者が指揮するこのニューイヤーコンサート、2007年の指揮者がズービン・メータなのです。

アンコールに夢中、と書きましたが、このコンサート、ご存じの方も多いかと思いますが、アンコールの最後の2曲は、ヨハンシュトラウスの「美しく青きドナウ」と、「ラデツキー行進曲」と決まっています。

何故かダンナ様、この2曲のみビデオをとっていたようです。

何が切っ掛けだったのか・・・。
ヒデ君、この2曲に夢中なのです。

演奏の間、じっとしておとなしくしているばかりか、ごはんを食べない時も、これをかけると食べ始めます。

「ドナウ」は、青いドレスを着た女性達がくるくると踊るのでヒデ君、楽しいかな?と思いま071118_1647 すが、「ラデツキー」に至っては、説明がつきません。

ひたすらオーケストラの演奏シーンなのに、観客(も映っていますから)と一緒に手拍子をして、取り憑かれたように見入っているのです。しかも最後には「ブラボー」とスタンディング・オベーションまで・・・。(観客の真似でしょうけど。)

まあ、ヒデにとっては、「アンパンマンのマーチ」や「ミッキーマウスマーチ」と何ら変わりない、楽しい音楽なのでしょうが。それにしても・・・。

ちなみに、他の音楽をかけると、画面を指さして、「ア、ア」と抗議し、ズービン・メータのドナウかラデツキーが始まるまで手拍子を取ります。
希望通りに行かないと、泣きます。のけぞって大泣きします。
ご機嫌が治るまで、ひたすら、「美しく青きドナウ」と、「ラデツキー行進曲」を流す我が家の休日の朝です。

この行動、全くの謎です。

この話をすると、親バカねえ、と言われそうですが、「ヒデ、もしかして音楽の才能が!?」などと言っていたダンナ様も、毎回のドナウに飽きてきたようです。
で、ダンナが取った次の行動は?

《つづく》

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらもなぜか結構頑張っています。

恭賀新年

あけましておめでとうございます

Mejiro

今年もよろしくお願いします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ