最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ブルージュでメーデー | トップページ | 材木岩 »

さよならドブロヴニク

クロアチアの旅 

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月15日(月) 《その3》

 

Omiyage_cr4 いよいよドブロヴニクを去るときが近づいていました。

ドブロヴニク空港行きのバスが航空機の出発時刻の1時間半前に出発すると聞いていたので、私たちは早めに荷物をとりにsobeに戻りました。

 

空港行きのバスに乗るためにバスターミナルまで行くとなると結構時間がかかります。

ところが、「バスの時間があるからもう行かなくちゃ。」と言う私たちに、sobeのおじさんは、「まだ大丈夫。もう少しゆっくししていって。まあ、そこに座って。」と椅子をすすめました。

おまけに、お酒を出してきて小さい器にちょっと注いで、「どう?」とダンナにすすめたりします。かなり度数の高いお酒のようです。お酒に強い方のダンナもうわっと顔をしかめて飲んだくらいです。

ラキヤというクロアチアのお酒だそうです。トルコのラク酒に似ているなあと思いました。

しかし、お酒なんか飲んでいる場合でしょうか?飛行機の時間は刻々と迫ってきます。

 

バスの時間を気にして腰の落ち着かない私たちに対し、おじさんは、「まだ大丈夫」と繰り返します。そして、「ドブロヴニクにまたおいでよ。夏がいいよ」などとのんびりと語り始めました。

 

いよいよもう時間がない、という頃になって、おじさんは「さあ行こう。バス停まで送るよ」と立ち上がりました。

え、バス停って?

「すぐそこだよ」と、おじさん。

私たちは半信半疑で連れて行ってもらうことになりました。

おばさんもsobeで見送ってくれました。

旧市街からブジェ門を出て右に曲がり、緩い坂道をおじさんは私の荷物を持ってくれて、口数少なく歩いていきます。

5分くらい歩いたでしょうか。「ここだよ」と到着したのは、ちらほらとタクシーなどが待機する傍ら、確かにバス停でした。しかし本当にバスが来るのでしょうか?

ちょっぴり不安でしたが、しばらくするとバスがやってきて停車しました。

おじさんは、じゃあ、という風に軽く手を振り、私たちがバスに乗り込むのを確認すると去っていきました。

〈↓参考:地図です〉

Map_1

バスに乗って、右側の窓から振り返ると、あの城壁に囲まれた旧市街が遠ざかっていきます。

さよなら、ドブロヴニク。

Dubro9_1今度はきっと夏に来るね。

私たちは、去っていったおじさんの背中と、旧市街に向かって手を振りました。

旧市街が見えなくなると、急に寂しくなってきました。

旅はまだ半分もすぎていないのに。

これからザグレブとイタリアが待っているのに。

  

 

◆クロアチア旅行記の目次はこちら

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも新しく登録しました。

« ブルージュでメーデー | トップページ | 材木岩 »

コメント

ドブロクニクともお別れですか。なんだか自分のことを思い出して急にさびしくなってしまいました。本当に素敵な街でしたよね。今度クロアチアに行く時は自分もsobeに泊ろうと思います。

旅ごはんさん
コメントありがとうございます。
まだ旅行記が途中なんですけど、ドブロヴニクが終わったら私も急に寂しくなってしまいました。
今度行ったらぜひsobeに泊まってみてください。一歩外に出ると旧市街なので最高ですよ。何件かはHPでも予約を受け付けているようです。

あの~、僕もなんですけど・・・
『さよならドブロヴニク』読んでいたら寂しくなりました。

最後の夜に城壁を無言の門兵に見送られて出たときは年甲斐もなくセンチになりました。
ホテルまでの道すがらまだ宴の残る旧市街を振り返り「ありがとう、さよなら」と現地語で呟いたのを思い出します。

そんな魅力の街なんですよね、ドブロヴニクって。

kabutoさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。ドブロヴニクって不思議な街ですよね。
kabutoさんのブログを読んでいてもやはり、素敵な街並みを思い出すんです。
また行きたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/14790509

この記事へのトラックバック一覧です: さよならドブロヴニク:

« ブルージュでメーデー | トップページ | 材木岩 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ