最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 「モラタメ」デビュー | トップページ | スルジ山頂へ ~内戦の傷跡~ »

ゴガクの春

春です。4月です。

毎年この時期になるとNHKのラジオ講座で新しい番組を聴こう!と思います。
ゴガクの春です。

実は私、ゴガクオタクかも・・・と言うくらいかじった番組は数知れず。
5月号のテキストを買うことなく終わることもありますが、なんとか続くこともあります。
おかげで、英語のほかにカタコトならフランス語・中国語、あいさつ程度なら韓国語・ドイツ語・アラビア語、いけます。
もちろんあいさつ程度の言葉を増やしても役に立つわけはありません。
こんにちはさよならありがとう1,2,3~って喋れてもねぇ・・・。現地で喋ると喜んでもらえて、旅先での話題にはなりますけど。

さて、今年度は岩村圭南先生の『徹底トレーニング英会話』を聴くことにしました。

実はこのプログラム、昨年度も聴いていました。
産休に入ってから(5月の途中から)聴き始めてもうすぐ1年。珍しく続いています。
とは言っても、毎日きちんと聴いているわけではないです。
ヒデ君がねんねしているときは遠慮したり、ぐずっているときは聞こえなかったり・・・します。
通算すると半分も聴いていないでしょう。

しかし、この番組は今までのなかで最高のプログラムなのでとてもお気に入りです。(別に広告料もらってません。念のため。)

なぜサイコーかというと、私が実体験した「実力がつくメソッド」が相当織り込まれているからです。
実際にヒアリング力が伸びたとき、自分で独自に実施(教材としては大杉正明先生の英語会話の番組を録音して利用しました)をしたのが、
1.ディクテーション
2.リピーティング・シャドーイング
なんですが、このプログラムにはどちらも効率よく入っています。

さらに、「英語(外国語)は反射神経を磨いていないと使えない」と、旅に行くといつも実感していたのですが、岩村圭南先生曰く「英語の筋肉を鍛えましょう」。
目から鱗でした。
そうなんです、私の言いたかったのはそれです。反射神経というより筋肉を鍛えないと。

さあ、旅に備えて英語の筋肉をきたえるのだ!今年はちゃんと聴くぞ!と決意を新たに第1日目お昼の12:25から早速聴き始めました。
しかし、やはりやってくれますヒデ坊。お腹減ったよう、との意思表示がありました。

ヒデに離乳食を与えながら聴き流しましたが、「声に出して言ってみないと英語の筋肉は鍛えられません」って。そうですよねぇ。

今年度も果てしなき道のりが始まりました。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。

« 「モラタメ」デビュー | トップページ | スルジ山頂へ ~内戦の傷跡~ »

コメント

こんにちは。
実は私もゴガクオタクに入るかもしれません(笑)
5年位前から某国営放送のTV語学講座を観ています。
今は、英語だけでなくスペイン語、ロシア語も。
確かに挨拶とサンキューと1,2,3は言えますね(^^ゞ

ところで、この『こんにちはさよならありがとう』ってとっても大事な言葉だと思います。
東欧を旅行したとき、ほぼ毎日言語が変わります。
(つまり、毎日国境超えがあります。)
そんなとき、覚えておくと良い現地語は『こんにちはさよならありがとう』です。

お店に入ったとき、まずは『こんにちは』
掴みはこれで大丈夫(笑)
注文は指差しで何とか済ませ、注文品が来たら『ありがとう』
そして最後にお店を出るときに『さようなら』

なんとなく現地に馴染んだような気になる自己チューな瞬間です。

今年はイタリア語も語学講座でやってみようかなと思っています。
共通の話題があって嬉しくなりました。

kabutoさん、
こんばんは。
ゴガクおたくの仲間がいて嬉しいです。ロシア語、スペイン語はちょうど私が手をつけていない未知のコトバです。
そうそう、旅先で現地のコトバであいさつをするだけで結構旅してる気分を満喫できるんですよね。現地の人々の反応も、英語だけで通すよりフレンドリーになるし。
エジプトでアラビア語で「おはよう」って言っただけでホテルで大喜びされたこともありました。
イタリア語講座、いいですね。いつかまたアドリア海沿岸を旅することがあったら役に立ちますよね、きっと。
お互いマルチリンガルを目指して頑張りましょう、というより新しいコトバの旅を楽しみましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/14494409

この記事へのトラックバック一覧です: ゴガクの春:

» 子供の病気 [子供の病気]
子供の病気あれこれ [続きを読む]

« 「モラタメ」デビュー | トップページ | スルジ山頂へ ~内戦の傷跡~ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ