最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ゴガクの春 | トップページ | お花見 »

スルジ山頂へ ~内戦の傷跡~

クロアチアの旅 

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月15日(月) 《その2》

Dubro11_2 昼食の後、私たちはドブロヴニク旧市街の背後にそびえるスルジ山の上に行ってみることにしました。

ドブロヴニク旧市街は、ユーゴ内戦(クロアチア紛争)により大打撃を受け、世界遺産危機遺産リストに登録(今は解除されています)されていたのは記憶に新しいところです。美しい街並みはすっかり復興されましたが、今もなお、その傷跡が随所に見られます。

スルジ山のケーブルカー跡は、最も生々しくその傷跡を残している場所の一つでしょう。

Dubro7さて、かつてはケーブルカーで登ることができたスルジ山は、そういうわけで現在は徒歩かタクシーで行くこととなります。
周辺には地雷も残っているとかいう噂も聞きますし、何と言ってもダンナ様は半病人。我々は迷わずタクシーで行くこととしました。

ピレ門前にタクシープールがあります。
スルジ山頂までいくらで行くかとドライバーに聞くと250Knとのこと。ちょっと値切ってみましたがだめでした。
ちなみに、他の国々で時にはけんか腰で何でも値切る私ですが、クロアチア人に対する心証がよかったため、滞在中あまりしつこく値切ることはしませんでした。

さて、タクシーは、アドリア海沿いの道をしばらく行った後、山の方に折れ曲がり、スルジ山へ登っていきます。
Dubro8天気のせいか寂しげな風景。林というよりは開けた地形です。
運ちゃんは、「ここで一人地雷で死んだんだ」と道の途中で呟きました。彼の知り合いでもあったのでしょうか。

山頂につくと壊れた建物がありました。
タクシーを停めると運ちゃんは「地雷が残っているところもあるから勝手に行かないで私の後をついてきて」と言うではないですか。
地雷の話はホントなんだ・・・とちょっと怖くなりました。
雨がまたぱらつき始め、時折強風も吹いてきます。

建物の向こうに回り込むと、ケーブルカーの残骸が。
Dubro17その壊れたコンクリートの固まりの向こうにアドリア海、そして足下にはドブロヴニクが見えました。
絵葉書などでよく見る構図です。

ここはドブロヴニクのビューポイント。と、いうことは地理的に攻撃にも非常に適していたということでしょうが、あの美しい街にここから砲弾の雨を降らせたなんてなんという蛮行だろうと思いました。

Dubro16見下ろすと、柵も何もなく少し怖いです。

雨がぱらぱら降っていたので傘をさして眺めていると、突然の強風。Sobeのおばさんが貸してくれた傘が突風で裏返しになって壊れてしまいました。(旧市街に戻ってから別の傘を買って返しました。)

Dubro9山頂から街へ降りる途中、「ここが最高のビューポイントなんだ」と運ちゃんが車を停め、私たちを降ろしました。
確かに、ドブロヴニクというとこの構図!というポイントです。
Dubro10_1私たちは夢中で写真を撮りました。
空が青かったなら、アドリア海が碧かったなら、もっともっと素晴らしいだろうなあ・・・。
曇っていてもため息が出そうに美しい風景でした。

私たちの泊まったsobeも見えます。
「あ、ドブロヴニクの我が家だ!」とダンナが言いました。

もうすぐ去らなければならないドブロヴニク
この風景を私たちはきっと一生忘れないでしょう。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。
 

« ゴガクの春 | トップページ | お花見 »

コメント

こんにちわ
さすらいペットで、
ウチのあしゃこがお世話になりました。
旧ユーゴスラビアに行かれたのですね・・・
ドブロヴニクは私もぜひ訪れたいところなんです
アドリア海の真珠とよばれるにふさわしいステキなところですよね・・・

 きういさんはスルジ山に登ったんですね。私の場合、事前の計画では登ることも考えていましたが、街中を歩き回ったり、買い物しているうちに消耗して、スルジ山はあきらめて、一旦ホテルに戻って仮眠をとって夜に出直した次第です。5月とはいえ夏の暑さだったもので。
 でも本当に美しい景色ですね。次に訪れる時は是非登ってみたいです。それと島も。

エレミヤさん
さすらいペットのご縁で遊びに来てくださってありがとうございます。
ドブロヴニクはホントに素敵なところです。
ぜひ、いつか訪れてみてください。

旅ゴハンさん
スルジ山のケーブルカーの再建計画もあるとかいうウワサも聞きます。
次回訪れたらケーブルカーで登れるかもしれませんね。
私も次回は島に渡りたいんです。宿泊したsobeが港の目の前だったので次も泊まって船にも乗ろうかなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/14442087

この記事へのトラックバック一覧です: スルジ山頂へ ~内戦の傷跡~:

« ゴガクの春 | トップページ | お花見 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ