最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 風邪を完全に治す! | トップページ | バナナヨーグルト »

シャイな友人と夜の旧市街散策

クロアチアの旅 

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月13日(土) 《その3》

ピレ門から城壁の中に入ると、目の前にまっすぐプラツァ通りおおっ、ドブロヴニクだ
 
泉の前で二人で感動していると、初老のおじさんが「ホテルを探しているのかい?」と遠慮がちに声をかけてきました。もしや、sobeおばさんじゃなくて、sobeおじさん?(sobeとは?こちらを参照。)
確かに、夕方、荷物を持ったまま旧市街に入ってきてたたずむ東洋人二人。明らかに宿を探しているように見えますね。
 
出発前に、誰かのHPで、強引な客引きおばさんよりも気弱なおじさんのsobeのほうがいい、と言うような記事を読んだ気がしたので、ラッキー?なのかな、と話を聞くことに。
一泊いくら?と聞くと、2人で一部屋300Knとのこと。
私は正直言って、sobeの相場は知りません。でも、何となく信頼できそうな感じなので、特に値切らず、旧市街の中にあるの?と確認。
おじさんは、旧市街にあるよ、ついておいで、と言うので、まずは部屋を見せてもらうことにしました。
 
おじさんはプラツァ通りをまっすぐ歩いていきます。どんどん歩いて、あれ、旧市街を抜けちゃった? 城壁の外? 市外じゃないの? と思ったら、ここだよ、と港の前のレストランの二階へ上がっていきます。
奥さんが帰ってくるまでちょっと待って、とおじさんは私たちをリビングに招き入れ、コーヒーをいれてくれました。どろどろの濃くて粉っぽいインスタントコーヒーです。
 
私たちにコーヒーをすすめると、おじさんは英語で、「どこからきたんだい、日本かい、私は若い頃は船乗りでね、日本の港にも行ったことがあるよ・・・」などと昔語りをしました。
今は忘れてしましましたが、港の名前も結構具体的に言っていたので日本に来たというのは本当だなと感じました。
 
その間、ダンナはおとなしくコーヒーをすすっていました。
おじさんは船乗りだったんだって、日本の港にも来たことがあるって・・・などと私かいつまんで通訳し、ダンナがへえ、そう、と頷くといった感じです。
そのうち、おじさんは、ダンナをちらっと見て私に向かって「君のフレンドはシャイなんだね」と言いました。
「え?フレンドじゃなくてハズバンドですよ」と私。
 
フレンド? ダンナはその会話は分かったみたいです。
ここまでずっと後ろからついてきて、会話も妻を通してのみで口数少ないから、夫には見えなかったかい、おじさん。
ダンナ様はちょっぴり自尊心が傷ついたみたいです。
 
さて、そんなところへおばさんが帰ってきて鍵をもらい、お部屋に案内されました。
結局このsobeには2泊することにしました。

Dubro1何よりもう、旧市街に飛び出したい私達。荷物を置いてすぐに、夕食を食べに行ってきます、と外へ繰り出しました。
外はいつのまにかすっかり暗くなっていました。

再び城壁をくぐってプラツァ通りをまっすぐにのぞんだ私たちは、思わず「わあ」と声をあげました。
大理石の石畳が、灯りを反射して金色に光っていたのです。
夢のように美しい光景でした。

Dubro3すっかり浮かれた二人は、大聖堂のわきを抜け、聖イグナチオ教会まで一気に上ってドブロヴニクの街灯りを眺めました。明日は城壁に上って街を眺めようね、などど言いながら。

中世を思わせるドブロヴニクの路地はどこを通っても絵になる風景が現れるのです。
二人とも、もう嬉しくなって、うわー、うわーと感嘆しながら旧市街を歩き回りました。
時折、小雨がぱらつきましたが気になりません。

そんな路地のひとつで、素敵なレストランを見つけて夕食にしました。
結果として「シャイな友人」にとっては、これがドブロヴニク滞在中では唯一のまともな食事になりました。
 
いよいよ明日は朝からドブロヴニク観光だね、と期待に胸ふくらませて、sobeに帰り、いい夢を見ながらゆっくりと休む・・・はずでした。
 
しかし、その夜、二つの嵐が我々を襲ったのです。
 
〈つづく〉
◆クロアチア旅行記の目次はこちら
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします

« 風邪を完全に治す! | トップページ | バナナヨーグルト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/14280097

この記事へのトラックバック一覧です: シャイな友人と夜の旧市街散策:

« 風邪を完全に治す! | トップページ | バナナヨーグルト »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ