最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 送別会 | トップページ | 花束 »

嵐のドブロヴニク

クロアチアの旅 

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月14日(日) 《その1》

昨夜、散歩から帰ったとき降っていた小雨は、ベッドに入った頃にはしとしと音を立てて降るようになり、気がつくと大雨、更にはのような気配になっていました。
すぐそばの鐘楼からは、毎時鐘の音が聞こえてきて、なかなか寝付けない私に時を確実に告げてきます。

Dubro6h 私はきつく目を閉じて、心の中で何度も念じました。これは夢だ、悪い夢だ。憧れのドブロヴニクに来てこんな天気だなんて・・・。目が覚めたら台風一過の青空が広がっているはずだ。

そんな時、もう一つの嵐が我がダンナ様を襲いました。
先程、sobeのおじさんの説明がよく分からず、ヒーターのスイッチを切ったまま水のシャワーを浴びた夫が風邪に倒れたのです。「寒い・・・。」と呟いて震える彼に、持参した風邪薬を飲ませましたが、夜中に何度もトイレに起き出しては、よれよれになって戻ってくるのです。

悪夢だ・・・。

ほとんど熟睡できないまま、白々と夜が明けてきました。祈るような気持ちで耳を澄ましますが、ゴォオオオオという風の音。更には、ザッパ~ンと港に打ち寄せる波の音も激しく、時折カランカランとドラム缶が転がるような音まで聞こえます。鎧戸の隙間から外を見ると、嵐の中、犬の散歩をしている人が一人。

私は、台風一過の青空はどうやら無理だと観念して、午前中も遅い時間になって起き出しました。憔悴しきったようなダンナも、なんとか起きあがり、朝食を食べに行くことにしました。

朝食を食べに行く、というとsobeのおばさんが心配そうに傘を貸してくれ、私にはビニールのレインコートを着せてくれました。

sobeで薦められたセルフサービスのレストランで、食欲のない夫はスープしか食べませんでした。その後に雨宿りをかねて入ったカフェでも、好物のケーキも食べすに弱っている我がダンナ。

Dubro1h2 プラツァ通りには人っ子一人いません
この光景は、ある意味レアものかも・・・と今になれば思えますが。

カフェから窓の外を見ると、日本人のツアー客と思われる団体が現れ、スポンザ宮殿の前の屋根の下でほんの1、2分程も説明を受けた後何処へか消えました。
かわいそうに。‘ドブロヴニク半日自由散策’の予定だったんだろうなあ、行程を変更したのかなあ。

Dubro13誰もいなくなったスポンザ宮殿の前には鳩が雨宿りしていました。

嵐はいっこうにおさまる気配がないので、私たちは屋内観光できる場所を見ることにし、まずはすぐ近くのRektor`s Palace(旧総督邸)に行きました。
通りには人影はなかったのですが、ここにはやはり雨に降り込められたという風な観光客がちらほら。
私たちも特に見たいものがあったわけではなく、sobeの部屋にあったパンフレットに割り引きクーポンがついていたよなあ、程度のことで行ってみました。

ところが、チケット売り場でパンフレットの入場料50%割引クーポンを示すと、係の男性が困った様子で、オフィスの奥にいる女性になにやら聞いています。
その女性は、「このクーポンは見たことがないわ、たぶんだめよ」というようなことを言ってクーポンを私に返しました。

期限でも切れているのか、場所を間違えて提示したのか? まあ、いいやせいぜい10Kn(約180円)程度のことだし、とあっさり引き下がりました。

入場すると中庭でした。雨音がますますひどくなったのかと思い見上げると、雨樋が壊れたのか、屋根から滝のように雨水がドボドボと音をたてて中庭に流れ落ちています。なんとも気が重くなる光景です。

私たちは少しでも時間を潰して雨があがる機会を待とうといった気持ちでぼんやりと展示室を見てまわりました。と、2階の展示室に入ったとき、ふいに誰かに呼び止められました。

先ほどのチケット売り場にいた女性が私たちを追いかけてきたのです。
何事だろう? と立ち止まると、「ごめんなさい、さっきのクーポン使えるのよ、払い戻しますから」と申し訳なさそうに言うのです。
彼女は10Knを返してくれました

それだけのことでしたが、雲の切れ間が見えたような気分になりました。

旅先では、旅人から少しでも多くのお金をむしり取ろうとする輩にイヤなめに遭わせられることが少なくありません。
それが、ここドブロヴニクのミュージアムでは、お金を返してくれるというのです。たった10Knをわざわざ2階まで追いかけてきて割り引いてくれるというのです。
なんて真正直な人でしょう。
その正直さに、なにか救われた気持ちがしました。

このミュージアムを出た後、ドミニコ会修道院の見学をしていた私たちに本当の雲の切れ間が訪れました。
空が明るくなってきたのです。

ドブロヴニクの奇跡は訪れるのでしょうか?

つづく

人気ブログランキング ←よろしくお願いします♪

◆クロアチア旅行記の目次はこちら
 

« 送別会 | トップページ | 花束 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/14326421

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のドブロヴニク:

« 送別会 | トップページ | 花束 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ